合格祈願食べ物バージョンもう一つ!

合格祈願食べ物バージョンもう一つ!

合格祈願食べ物バージョンもう一つ!

合格祈願といえば、勝つ!そう、とんかつを食べておく、という方もいますよね。

お弁当や食事、昔から、日本では、食べ物に意味をもたせることが大好き、という性質があると思います。

例えば、お正月料理を見ても、黒豆は「まめに働く」。

数の子は「子孫繁栄」。

昆布巻きは「よろこぶ」。

田作りは「五穀豊穣」(昔、水田に鰯を細かくちぎって肥料にしていたことから、鰯で豊作を願うというものらしい)。

金団は、黄金の団子、ということで財宝、「豊かな生活」。

海老は、調理するときに背が曲がりますよね。

そこで、「腰が曲がるまで夫婦仲よく」と夫婦が一緒に健康に、という長寿を願ったもの。

なますは祝いの水引をかたどったもの、伊達巻は形が巻物に似ているということで「文化の発展」という縁起物。

このように、食材に意味をこめていただく、という習慣が、日本には古来よりあるのです。

話がお正月に飛びましたが、合格祈願のとんかつ、にあるように、受験、という季節には合格弁当、というものが色々なところから発売となります

中身は?というと。ま、とんかつですね。

「試験に勝つ!」ということでカツがそのまま入っている、という場合もありますし、カツサンドという場合もあります。

合格、という文字を何かで作る、とか絵馬を油揚げで作ってのりや昆布で合格、と書いてある、というものもあります。

ごうかく」ということで、

  • ご・・・ゴマの混ざったおにぎり、具は「勝つ!をぶし」(笑)
  • う・・・梅干し
  • か・・・勝つ(カツ)でもいいし、から揚げでも良し
  • く・・・果物 果物のゼリーとかでも・・・

という・・お母さんのとても暖かい愛情を感じますね。

また、縁起物だ!と海老を入れる。

おなかを壊すと困るから、生もの系は一切いれない、というような配慮がされています。

これも、日本ならではの「合格祈願」でしょう。

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional