合格祈願に六耀を考える必要がある?

合格祈願に六耀を考える必要がある?

合格祈願に六耀を考える必要がある?

合格祈願、というと、縁起を担ぐとか、日として良いとされる日にいったほうがいい?という疑問が生まれます。

日本人は昔から、仏滅とか大安とか、友引といった「六耀」を気にしますよね。

結婚式は大安とか、お見舞いはいついけばいいとか、お通夜は友引にやってはいけない、とかそういったことです。

合格祈願、という人生においても、道が左右に分かれることになる?ような選択をする時に、この六耀を考えたほうがいいのか?という疑問がわきませんか?

お見舞いやお葬式、お祝いを上げる日、ということでさえも、この六耀をみますよね。

今は、結構、こういったことを気にしないで結婚式を仏滅にしたり、ということがありますけど。

基本的に合格近眼というのは、どこの神社でも、日程が決まっているというものではなく、こちらが、祈願してほしい、という時に行ってもらう、というものですよね。

その神社などで、大祭!という感じで祈願を行うのであれば、日にちが決まっていると思いますが、それ以外であれば、こちらの日程、ということになります。

こういう時に、六耀を気にする必要はない、ということです。

もし、こういうことも、大安というおめでたい日程で行いたい、というのであれば、それはそれでいいと思いますが、特に気にする必要なないようです。

お父さんやお母さんが、こういった六耀がきになる、というのであれば、お父さんやお母さんの意見を、聞いてあげればいいと思いますよ。

合格!ということに関して、必死な気持ちをもっているのは、ご本人だけではないですから。

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional